×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

超越催眠とは何ですか?

★⇒催眠術に関する書籍なら楽天で・・・コチラです。★

超越催眠とは1976年日本催眠心理研究会開催、1986年「トータルパーソナリティ」を主催し実践治療を行ってい伊集豊州氏が名付けた世にさまざまある催眠治療などの心理治療を研究し独自に考案した催眠療法である。さまざまな心の悩みやそれが原因で起こったストレス症状(赤面症、対人恐怖症、ひきこもり、アガリ症、手の震え、視線恐怖症、自律神経失調症など・・・)で苦しんでいる方々に対して催眠状態に導いて行く事で心をマッサージして本来の機能や元気を回復させるように導いて行くような療法である。

生活の悩み情報
▼▼コチラ▼▼

超越催眠治療法とは?

催眠療法では心の悩みを深くさせる要因である顕在意識を消す効果を求めていますが、全ての意識を消してしまうわけではありません。顕在意識では「意識に上る(それまで気づいていなかった事柄がハッキリと認識される)」というい認識でもちいられています。顕在意識を意図的に取り払うことにより、潜在意識の世界を全面的に心の中に広げることで、あらためて主体的な意識の再構築を図ることが可能になるのです。悩みに打ち勝つ為には、自分に気が付いて、自分の考え方を明らかにする。それで、その考え方に自信を持つことです。その上で行った事が自分の思い通りの結果にならなくとも、その結果を受け入れて、そうなった自分を受け入れるのです。心の悩みを根本的に解決するには、潜在意識の中に刷り込まれた心の病を解消しなければ解決にはなりません。この様に自分のありのままの姿を受け入れるように導くのです。超越催眠療法は心をリラックスした状態へと導いて疲労した心を解きほぐしてあげるものです。

生活の悩み情報
▼▼コチラ▼▼



心身ともにフレッシュして人性を楽しもう

悩みは自分の思い描いているビジョンや理想・希望などがその通りに運ばない現実を受け入れられない事から生まれて来ます。そうして生まれた悩みのウィルスは悩みに執着すればするほど増幅していって、さらに悩みを深刻化させる性質を持っています。その深刻さはストレス症状によって身体的あるいは行動的な変化が現れる様になるまで、本人しか解らないのです。そのストレス症状が赤面症、対人恐怖、ひきこもり、アガリ症、手のふるえ、視線恐怖症、自律神経失調症などです。ありのままの自分を知り、受け入れることが出来るようになれば、自ずと自分自身への執着も悩む執着も消えていくものなのです。人生を楽しむヒントを差し上げます。私たちの命は奇跡的に選ばれてこの世に誕生してきたものだということを決して忘れない。いらない命、余計な命など一つもないことをあらためて理解して下さい。私たちは完璧ではありません。完璧でないから悩み苦しむのです。自分には欠点もあるということを受け入れるて下さい。悩んでいるのはあなただけではない事を認識して、意識を悩みから遠ざける為に意識転換しましょう。大切なのは自分を信じる力を持つ事です。

★⇒催眠術に関する書籍なら楽天で・・・コチラです。★

健康情報
▼▼コチラ▼▼


スポンサード リンク

Copyright © 2009 超越催眠療法で心をリフレッシュしよう

【プライバシーポリシー】当サイトは、サイト内の広告利用状況の集計のために、クッキー、ウェブ・ビーコンといった
汎用技術を用いています。取得したホスト情報などは広告利用状況の集計にのみ利用することをお約束いたします。


結婚